ビジネスローンの金利について知りたい!

個人事業者や経営者を対象とした事業目的の融資サービス「ビジネスローン」。ビジネスローンは、銀行融資に比べ審査が通りやすい反面、金利は高めなことが一般的。また、その金利はサービスの内容や提供している業者ごとに大きな差があるのが特徴です。実は、大きく2つのタイプがあるビジネスローン。ひとつは、利用にあたって担保や保証人が必要な“有担保のビジネスローン”。もうひとつは担保や保証人なしで利用できる“無担保のビジネスローン”です。利用のしやすさでいえば、担保なしで利用できる“無担保ローン”のほうが便利ですが、肝心の“金利”の低さに関しては“有担保ローン”のほうに軍配があがります。無担保ローンは、“担保なし・保証人なし” で利用可能。この点は、借りる側にとって非常に大きなメリットとなります。ですが、融資をする側にしてみれば、そのぶん高いリスクを負うことになるわけですから、(銀行の事業融資はもちろんのこと)担保ありのビジネスローンに比べて、どうしても金利設定は高めになりがちです。

一方の有担保ローンでは、担保があるぶん無担保ローンに比べて金利が低めに設定されていることが基本。なおかつ借入限度額の設定は高め、(まとまった担保が用意できれば)返済までのスケジュールにもユトリを設けることが可能です。そのため、低金利の大口融資を希望する場合には、こちらの方が向いていると言えるでしょう。しかし、この有担保ローンについては、「担保の審査などに時間がかかるためすぐに融資を手にすることが難しい」、「不動産を担保とする場合には“登記費用”など別途コストが発生してしまう」といった注意点があることを忘れてはいけません。また上記でも触れたとおり、業者によっても金利の設定には大きな違いがあります。従って、利用するビジネスローンを決める際には、ご自身の状況にあわせて無担保ローン・有担保ローンのどちらが良いかを考え、そのうえで信頼でき、かつ納得できる金利設定のサービスを選ぶようにしてください。 (ビジネスローンの申込から現金を手にするまで

ビジネスローンの審査基準で重要な部分

ビジネスローンを利用するために審査に通らなければなりませんが、その基準は色々とあります。その審査基準の中で重要となっている部分はいくつかありますので、それらを気をつけなければなりません。まず基本的にビジネスローンの審査は自動で行われますのでデータベースから業種や業態、個々の数値をみて比較・判断して信用できるかどうかをみます。また信用情報機関からの情報で過去の履歴も閲覧していますので、細かい数字に左右される事を覚えておきましょう。これらを前提にして重要になる部分ですが、一番大事なのは税金の未納があるかないかです。税金の未納があれば融資したお金が真っ先に税金の支払いに使われると判断される事が多く、税金を納められない状態が慢性的に続いていると思われて返済が難しいと考えられて審査に通りづらくなります。未納額が少額の場合や財務状況が今後改善される見通しが立っている場合は別ですが、税金の未納は避けなければなりません。

直近の決算が赤字の場合だと返済能力がないと考えられてしまいます。決算赤字でも減価償却費を計上していて仕方なく赤字になっている場合だと減価償却前利益で黒字になるケースもあるので中身が重要です。会社の業歴や経営者の年齢も実は大事な部分になりまして、業歴が長いほど決算書が用意できるので利用しやすくなります。経営者の年齢と健康状態も審査の対象となっていまして、能力とはまた別にしっかりと運営できているかどうかの判断となります。このように審査の基準や中身で重要な部分がありますので、その部分がしっかりとしていると通りやすくなります。もし銀行のビジネスローンに通らなくても比較的通りやすいノンバンクのビジネスローンであれば借り入れが可能な場合が多いので再び申し込みをすれば良いでしょう。会社の経営と資金繰りが安定していれば、それほど心配になるものではありませんのでしっかりとした経営を続けてください。

中小企業や個人事業者向けビジネスローンとは

ビジネスローンとは、中小企業や個人事業者向けに作られたローンを組めるシステムになり、銀行以外でビジネスローンを扱っているのは、クレジットカード会社や 消費者金融などが挙げられます。つまり、会社を運営していくにあたって、商品の開発や人件費、宣伝広告費、オフィスの設置など様々な資金が必要となってきますが、設立当初はまだ会社としての知名度も低いことが多く、資金調達が難しい場合でも資金を調達することによって、会社として稼働し、利益を上げられるようになる為に用意、借りるお金になります。借りたお金で利益が上がるような商品の研究や開発を行い実際に販売し、利益として生み出す為の資金になる為、それまで資金が足りないことで断念せざる負えなかった商品などを中小企業や個人事業者でも、ビジネスローンが出来たことによって資金調達が出来、それを基に新しい商品の研究開発が行えるようになりました。

まだ無名の企業や個人事業者の場合あまり利益を上げられるのかどうか不明な点も多い事から、貸す側としても審査基準を変えなればならず、銀行融資による資金調達方法の一つとして企画開発され、スピード決済、無担保、第三者連帯保証不要の企画商品になります。中小企業や個人事業者でもその他のローンに比べると比較的借入しやすいといった理由もあり、銀行から融資を受ける資金調達方法の一つとして定着しています。これらのビジネスローンが出来た背景には、中小企業を更に開拓させることによって、物流を生み出し、お金が流れて景気を回復させるといった目的もあり、国側も中小企業に融資出来るようにと対策を取ったことが背景にあります。景気の後退によって大手企業でも人件費を削減する流れが続いており、それに伴い雇用も著しく減ってしまい失業者などが増えた時期もありましたが、一つ一つの力は小さくても、その数が増えたことによってより多くの雇用を生み出し、景気回復に役立っているようです。

いわゆる消費者金融でキャッシングすることに不安を覚えるとお思いになるなら…。

 

いわゆる消費者金融でキャッシングすることに不安を覚えるとお思いになるなら、実は銀行でも即日融資に対応しているとの事ですから、銀行がサービスしているカードローンを使ってみると良いと思います。キャッシングを利用するときに、すぐに貸してもらう事を重要視するなら、「大手消費者金融」を選定する方が間違いありません。何故かというと、銀行のカードローンというものは、短時間で貸してもらうことは非常に難しいと考えられるからです。債務を一本化すると言いますのは、何軒かある金融会社からの借金をまとめて、返済先をひとつだけにすることを目論むもので、おまとめローンなどとテレビなどでも紹介されているようです。即日融資が申請できるカードローンの特長は、何を差し置いても待つことなしに貸し付けてくれるところでしょう。プラス上限以内であれば、何回でも借入が可能です。

少なくとも200万円位の年収になる人であれば、正社員でなくても審査をパスすることがあるとのことです。切羽詰った時は、キャッシングに依存するのも仕方がないだろうと考えます。自宅にネットとPC、携帯電話やスマートフォンさえあったら、実際には自動契約機まで赴かなくてもキャッシングを利用する事は可能です。それに留まらず、自動契約機じゃなくっても、銀行への入金という形で即日融資だってできるのです。給料日になるまで、幾日か助けてくれるのがキャッシングだと言えます。何ともしようがない時だけ助けてもらうと言うのなら、推奨できる方法だと感じます。「審査がカンタンなキャッシング事業者も存在する。」と囁かれた時代も間違いなくありましたが、ここしばらくは厳しい規制が敷かれた事が原因で、審査をクリアできない人が明らかに増加しました。今すぐピンチという訳では無くてもキャッシングの申込みと手続きだけは済ませておいて、具体的に現金が必要になった時に有効利用するみたく、どうしようもなくなった時用として作っておくという方が少しずつ増えています。

全国展開まではしていない中小規模のキャッシングが主要業務内容のローン事業者の場合は、多少心配になるのは無理もないことです。そのような時に助けになるのが、その業者に関連する口コミだと言えます。ネットを活用したキャッシングの最大の強みは、申込をして、審査が通ったかどうかが直ぐに明らかになるという部分です。従いまして仕事をしている間でも、お昼休みの時間帯などに申込をすることができます。即日キャッシングサービスというのは、申し込みをした当日に現金が振り込まれるので、原則一日前の夜に申し込みが済めば、翌営業時間早々に融資可能かどうかの返事が手元に届くという流れです。一般的なカードローン、またはキャッシングにて現金を貸してもらう際は利息が徴収されますが、無利息キャッシングだと、規則に沿った期限内に返せば、利息が請求されることはないのです。キャッシングが申し込まれると、金融会社は申込をした方の個人信用情報を照会して、そこに新規申込があったという事実を付け加えます。生きていると、誰でも思いもよらず、突如としてお金を要することがあるものです。そんな時こそ、即日融資をしてくれるキャッシングが非常に役に立つと思います。